[戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Windows 7 アップデートリスト3月分
9083
: 2019/03/16(Sat) 11:31:54
KILI

Windows 7 アップデートリスト3月分を投稿しました。

Windows10 アップグレード関連の [KB2952664] (Windows 7 アップグレード用互換性更新プログラム) が [SQM_RUP] (セキュリティ 月例品質ロールアップ) に含まれました。
Win10 関連、テレメトリ関連を気にしている方は注意してください。
なお、テレメトリ回避用 追加リスト対象外の HotFix なので、テレメトリ回避用 追加リストの更新はありません。

以上、よろしくお願いいたします。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
質問です
9084
: 2019/03/17(Sun) 17:28:01
みるひー

Windows7再インストールのためSP+メーカーを使用しようとしています。

このアップデートリストは、SP+メーカーのアップデートリストファイル編集で、デフォルトのアップデートリストファイル(default_w7_x64.lstなど)に追加して使えばいいのでしょうか。それとも、デフォルトのアップデートリストファイルと差し替えて使用すればいいのでしょうか。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 質問です
9085
: 2019/03/17(Sun) 23:06:15
KILI

Windows7_x32_KILI / Windows7_x64_KILI はそのまま使えます。(デフォルトの差し替え版)

Windows7_x32_SEO_KILI / Windows7_x64_SEO_KILI は、別途アップローダにある テレメトリ回避用 追加リストを使う場合の、上記 Windows7_x32_KILI / Windows7_x64_KILI 専用の追加用リストです。
(※小文字の SEO が NG ワードで引っかかるため 大文字表記しています。)
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 質問です
9086
: 2019/03/18(Mon) 06:04:08
みるひー

回答ありがとうございます。

64bit版でテレメトリ回避する場合は、Windows7_x64_KILI.lstにWindows7_x64_SEO_KILI.lstとWindows7_TLM_KILI.lstを追加すればいいわけですね。

追加した後は、ソートボタンを押す必要はありますか?
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 質問です
9087
: 2019/03/18(Mon) 22:39:15
KILI

> 追加した後は、ソートボタンを押す必要はありますか?
あります。ソートする必要はないのですが、OK をクリックしてソート画面を閉じないと RUN_ORDER が正しくセットされないはずです。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: 質問です
9088
: 2019/03/19(Tue) 21:45:39
みるひー

ありがとうございました。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
質問2
9089
: 2019/03/20(Wed) 20:34:24
みるひー

もうひとつ質問です。

アップデートリスト内にある、
「SP1より先に導入する必要あり」と書かれている更新プログラムは、
インストールするWindows7がすでにSP1の場合は入れなくてもよい、ということでいいのでしょうか。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 質問2
9090
: 2019/03/20(Wed) 22:48:13
KILI

> アップデートリスト内にある、
> 「SP1より先に導入する必要あり」と書かれている更新プログラムは、
> インストールするWindows7がすでにSP1の場合は入れなくてもよい、ということでいいのでしょうか。
はい、そうですよ。

アップデート項目のチェックオンは、絞り込み機能を使ってください。
 [高度な設定] 画面の [絞り込み設定] をクリックし、[必須項目] [オプション項目] の2カ所をチョックオンして OK をクリック
 [絞り込みチェック] をクリック
これでチェックオンされた項目が、SP1 適用済みの Home エディションでの Windows Update 検出項目となります。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 質問2
9091
: 2019/03/21(Thu) 07:58:33
みるひー

絞り込み機能を実行しました。
「SP1より先に導入する必要あり」の更新プログラムのチェックは外れているのを確認しましたが、
「SP1インストール時の0xC0000034エラーの対策」の更新プログラムのチェックがついているのは意外でした。

あとは、Professional版の場合は手動でProfessional版が該当しそうな更新プログラムにチェックをいれればいいわけですね。

ありがとうございました。

- WebForum -