[戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Windows 7 アップデートリスト12月分
9079
: 2018/12/22(Sat) 17:12:36
KILI

Windows 7 アップデートリスト12月分を投稿しました。

・[KB4483187] Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム [2018年12月]
 12月20日に配信された HotFix です。
 セキュリティソフト競合対応レジストリキーのセット有無にかかわらずインストールしてください。
 セキュリティのみの追加リストを利用している方は、そちらでインストールしてください。

・セキュリティソフト競合対応
 セキュリティソフトとの競合は 2018年4月に解除され、競合に関するレジストリキーが不要になりました。
 そのため、MSE (Microsoft Security Essentials) の定義ファイル [MSE_DUP] は 2018年4月以降、セキュリティソフト競合対応レジストリキーをセットしなくなりました。
 しかし、レジストリがセットされている場合とセットされていない場合では、Windows Update で検出される HotFix および、インストールする HotFix に違いがあります。
 (誤検出の可能性も捨ててませんが。)
 今月は上記 [KB4483187] が配信されたため、.NET Framework 3.5.1 セキュリティ品質ロールアップ (KB4040980) [2017年11月] のみが対象です。
 セキュリティソフト競合対応レジストリキーについては、[セキュリティソフト競合関連] の項目を参照してください。

・.NET Framework 4.5.2 / 4.7.2
 ファイルダウンロードリンクを Microsoft Update カタログに変更しました。
 ファイルダウンロードリンク先がダウンロードセンターの場合は全ての OS 用、Microsoft Update カタログの場合は個々の OS 用になります。
 また .NET Framework 4.7.2 をインストールする場合は、必ず [KB4087364] .NET Framework 4.7.2 アップデート もインストールしてください。
 インストールしない場合は Windows Update で .NET Framework 4.7.2 が再度検出されます。

・Microsoft Security Essentials (MSE)
 セキュリティソフトとの競合関連で、MSE をロールアップ関連より前にインストールしていましたが、
 2018年4月より解除された状態が続いてるので、MSE を一番最後にインストールするようにしました。

・Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA)は、2018年10月で開発が終了しました。
 MBSA を利用している方は、
  Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3
  Windows Update 再配布カタログ (wuredist.cab)
  Windows Update サイトへのアクセスに対する承認カタログ (MUAuth.cab)
 をダウンロードファイルリンク切れに備えてバックアップしておいてください。
 なお上記プログラムの詳細情報リンク先は現在消失、または転送がかかる状態になっており、詳細情報ページからのダウンロードはできない状態になっています。
 (ダウンロードファイルリンクは残っています)
 なお Windows Update オフライン スキャン ファイル (wsusscn2.cab) は更新が継続しています。

・ダウンロートファイルリンクですが、
 悪意のあるソフトウェア 削除ツール、ISO イメージ ファイル作成毎に自動ダウンロードする必要がある
  Windows Defender 定義ファイル
  Microsoft Security Essentials 定義ファイル
  Microsoft Baseline Security Analyzer 用 Windows Update オフライン スキャン ファイル
 を除き、Microsoft Update カタログで検索できたものは、ファイルダウンロードリンクを Microsoft Update カタログへ移行しました。
 Microsoft Update カタログ へ移行したものはファイル名が違っていますので、ダウンロードファイルをバックアップしている方はお手数ですが再度ダウンロードしてください。

以上、よろしくお願いいたします。

- WebForum -