[戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Windows 7 アップデートリスト 2月分
9053
: 2018/02/18(Sun) 19:43:38
KILI

Windows 7 アップデートリスト2月分を投稿しました。

・セキュリティソフト競合対応
 2018年1月以降のロールアップ (セキュリティ月例 / セキュリティのみ / .NET / プレビュー) は、セキュリティソフトと互換性がある (競合しない) 場合のみ適用できます。
 互換性がない場合は 2017年12月現在のロールアップ適用になります。
 競合した場合、BSoD (ブルースクリーン) の発生や起動ループの発生があるようなので、テキストファイルを参照して対応してください。

・MSE (Microsoft Security Essentials) のインストール順変更
 上記セキュリティソフト競合対応のため、ロールアップ関連より前にインストールするようにしました。
 しかし MSE をインストールすると Windows Update が [自動更新] になり、新しい更新プログラムのインストール時刻が 午前3時に設定され、
 SP+メーカーの MSE のインストール時刻により、途中で再起動する場合があります。
 そのため SP+メーカーによる更新を午前3時までに終了させる、もしくは MSE を午前3時以降にインストールさせるように実行開始時間を調整してください。
 オフライン状態であれば、PC の時刻を変更するのも手です。
  処理時間のおおよその目安
   実行時間:約1時間30分〜2時間くらい / MSE のインストール開始:約20〜30分後くらい

・.NET Framework 登録バージョンの変更
 Windows Update では、.NET 4.7.1 のみが配信されるようになりました。
 これに伴い、.NET 4.6.1 を削除、.NET 4.7 を .NET 4.7.1 に差し替えて、.NET 4.7.1 を優先させるようにしました。

・セキュリティのみの追加リストの位置づけ
 ロールアップ (KB3125574) にはテレメトリ関連が含まれているため、セキュリティのみの追加リストはテレメトリ回避用 追加リストと一緒に使用するものとします。
 なおロールアッププレビューは、セキュリティのみの追加リストから削除しました。

なお テレメトリ回避用 追加リストも修正したものを投稿しましたので、利用する方はそちらもダウンロードしてください。

以上、よろしくお願いいたします。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: Windows 7 アップデートリスト 2月分
9054
: 2018/02/22(Thu) 20:40:02
いちvistaユーザー

お疲れ様です。

Windows 7 ULTIMATE SP1 を構築して確認しますと、
KB3140245 と KB2496290 でともに -2145124329 という ERRORLEVEL が返されました。
さらに、Windows Update をかけてみると、なぜかインストールしたはずの KB4074598 が検出されました。

KB3140245 については、
https://support.microsoft.com/en-us/help/3140245/update-to-enable-tls-1-1-and-tls-1-2-as-a-default-secure-protocols-in
によると、
http://download.microsoft.com/download/0/6/5/0658B1A7-6D2E-474F-BC2C-D69E5B9E9A68/MicrosoftEasyFix51044.msi
を追加する必要があるように読めます。

実は、エディションによっては不要となる項目をVST_INST実行前に除外させるプログラムを作っていまして、
(Vistaだと項目数が多くて面倒なんですよね)
ULTIMATEを使ったのはその検証のためだったりします。
のちほど、他のエディションについても確認する予定です。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: Windows 7 アップデートリスト 2月分
9055
: 2018/02/23(Fri) 15:36:47
いちvistaユーザー

> Windows 7 ULTIMATE SP1 を構築して確認しますと、
> KB3140245 と KB2496290 でともに -2145124329 という ERRORLEVEL が返されました。

PROFESSIONAL エディションにおいても同様でした。
KB4074598 によって不要になったっぽい?(未確認)

ちなみに、アップデートリストは Windows7_x64_KILI.lst を使い、すべての項目を選択して作成したもので検証しております。

> さらに、Windows Update をかけてみると、なぜかインストールしたはずの KB4074598 が検出されました。

こちらは Windows Management Framework (WMF) が犯人でした。(4.0、5.1とも)
WMF4.0を後からインストールするようにしてみたところ、インストール前は検出されず、インストール後は検出されました。

# なお、ほかに
# 2018-02 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4075211)
# 2018-02 x64 用 Windows 7 および Server 2008 R2 の、.NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1 用品質ロールアップのプレビュー (KB4074805)
# が検出されましたが、プレビューですしひとまず脇に置いておきます。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: Windows 7 アップデートリスト 2月分
9056
: 2018/03/02(Fri) 00:33:37
KILI

ご迷惑をおかけしてすみません。

[KB2496290]
USB フロッピー ディスク ドライブ書込エラーが発生する場合の対策 HotFix で、
ベースにしたアップデートリストからのもので、Windows Update 対象外のプログラムです。(Windows Update で検出されない)
なのですみません、放置状態になっていました。(Windows Update カタログで置き換えプログラムの確認をしたことがあるのですが、現在は検索できないです)
テストしたところ、ロールアップ (KB3125574) がインストールされてると弾かれるので、テレメトリ回避用追加リストにグループ [A-2] で登録します。

[KB3140245]
1月のぐだぐだ Windows Update でひっかかっていた HotFix です。
32bit で確認していたのですが、
1月第2週の初めは、月例ロールアップがインストールされると不要になっていたのですが、第2週の後半では不要にならず検出されていました。
2月の月例ロールアップは 32bit では検出されていたので 64bit も同じ扱いにしていました。
なのですみません、確認漏れです。
64bit は2月の月例ロールアップがインストールされると不要になるのを確認したので、64bit のみテレメトリ回避用追加リストにグループ [C-3] で登録します。
なお、2018年1月以降の月例ロールアップをインストールすると不要になる HotFix は、2017年12月の月例ロールアップの子供としてリストに掲載します。

> > さらに、Windows Update をかけてみると、なぜかインストールしたはずの KB4074598 が検出されました。
>
> こちらは Windows Management Framework (WMF) が犯人でした。(4.0、5.1とも)
> WMF4.0を後からインストールするようにしてみたところ、インストール前は検出されず、インストール後は検出されました。
犯人捜しと検証、ありがとうございます。こちらでも確認しました。
.NET 本体とランゲージパック、WMF を月例ロールアップより前にインストールさせます。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: Windows 7 アップデートリスト 2月分
9057
: 2018/03/03(Sat) 18:48:06
KILI

[KB2496290]
うっ、テレメトリ追加用リストでも弾かれてしまった。。。。
で、KB3139398 をインストールすると不要になることがわかりましたので、排他キーをセットして回避リストに追加しました。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: Windows 7 アップデートリスト 2月分
9058
: 2018/03/03(Sat) 19:09:52
KILI

上記に対応したものを再投稿しました。

・.NET 本体とランゲージパック、WMF のインストールを 月例ロールアップより前にインストール
 月例ロールアップに WMF 関連が含まれたため [SQM_RUP] より前にインストールするように変更。
 またこれに伴い HOTFIX3.CMD で処理していた HotFix を HOTFIX2.CMD / HOTFIX4.CMD に振り分け、HOTFIX4.CMD を新たに HOTFIX3.CMD とし、
 再起動の回数を1回減らしました。
 なお、テレメトリ回避リストもこれに伴い、.NET 関連のインストールを HOTFIXES.CMD に変更しています。

・2018年01月以降、SQM_RUP へ置き換えられた HotFix、インストール不要になった HotFix の取り扱い
 Windows Update で検出されなくなった HotFix は削除、[SQM_RUP] をインストールすることにより、インストール不要になった HotFix は、非掲載にしていましたが、
 2017年12月時点のセキュリティ 月例品質ロールアップでは必要なため、
 削除扱い・非掲載扱いとして 2017年12月時点のセキュリティ 月例品質ロールアップと親子関係を組んでリストに残しました。


なお テレメトリ回避用 追加リストも修正したものを投稿しましたので、利用する方はそちらもダウンロードしてください。


以上、よろしくお願いいたします。



--- 追記 ----

[KB4091290] が配信されているようですが、対応していません。
2月のセキュリティマンスリーロールアップを適用したら VPC2007 でブルースクリーン、突然の PC ダウンをくらっています。
VPC2007 を使っている方は気をつけてください。

- WebForum -