A.K Office サポート掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
[スポンサーリンク]


タイトル Re^5: Windows 7 アップデートリスト11月分
投稿日 : 2019/11/27(Wed) 01:28:43
投稿者 ひとり
参照先
わざわざありがとうございます。


> 前述もしましたが、月例ロールアップのインストール条件からそのように読み取れませんでしょうか?
> https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4525235
> https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4525233
> 前述した上記の今月のロールアップのページの [この更新プログラムをインストールする前に] の項目にある [必要条件] のところを読みましたでしょうか?

熟読してようやく分かりました。


> すみません、ここは何がしたいのでしょうか?

すいません。このリストはあらゆる人がいろいろな状態であり、WindowsUpdateを利用していることを前提として作られているものかと思います。
しかしながら、こちらは、WindowsUpdateは利用しておらず、かつサービスパックアップデートバッチ?は、自動ダウンロードを使用せず
必要なファイルは全て手動でダウンロードして集めバッチを作成する(作成に失敗しても、更新があってもまたそのファイルを再ダウンロードする必要がない)
やり方ですので、話がなかなか伝わらないのかもしれません。
その中で自分の環境に合わせたリストを作りたく、自分に必要ないと思われるものは、チェックのON/OFFでなくリストに載せずファイルもダウンロードしない
ということで、
このリストの意味するところの上位/下位、排他キーでどのような動きになるのか製作者の意図を知りたいということです。
例えばSEOを使用した場合、不要になるKBはそもそも不要なのでリストから削除するとかです。
要は、全部チェックONにした時にいらない物を削除しておきたいという事です。
削除に当たって上位との関係と排他との関係がおかしくならないかを確認しておきたいという事です。


> まず、セキュリティーマンスリー品質ロールアップ [SQM_RUP] には、IE の累積的なセキュリティ更新プログラムが含まれているので、
> 現在は KB4519974 及び KB4524135 は必要ありません。
> それから、2016年9月の IE の累積的なセキュリティ更新プログラム KB3185319 は [SQM_RUP] をインストールすると必ず Windows Update で出現します。
> 最新の IE の累積的なセキュリティ更新プログラム KB4525106 をインストールしていても、[SQM_RUP] をインストールすると 2016年9月のものが出現します。
> なので、差し替えても追加しても意味がないのですが。。。

KB4525235に、IE の累積的なセキュリティ更新プログラムが含まれているとは知りませんでした。過去の置き換えにもIEの記載がなく
KB4525235自体のページにも記載がありません。
セキュリティ マンスリー品質ロールアップには必ず最新のIE11の更新が入っていると解釈すればよいのでしょうか。

IE の累積的なセキュリティ更新プログラム KB3185319がE11_CSU_SQMとして存在している理由は何なのでしょうか。
これの置き換えが無いのかと思いましたが、最新のKB4525106(KB4519974の次)が置き換えになっており置き換えても問題なさそうな気がするのですが。
[SQM_RUP] をインストールすると 2016年9月のものが出現するのは何故なのでしょうか。


> インストール条件は月例のロールアップと同じ条件ですね。で、インストール前とインストール後ではなく、以下のように読み取れるのですが。。。
> 1. KB4490628 (SSU) をインストール
> 2. KB4474419 (SHA-2 の更新プログラム) をインストール
> 3. PC の再起動
> 4. 最新のサービス スタック更新プログラム (現在は KB4523206) をインストール (推奨)
> 5. IE の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB4519974 または KB4524135) をインストール

そのような順番にすればよろしいのですか。参考になります。
因みに再起動を要求される場合はタイプの変更で別のタイプに記載する必要があるのでしょうか。
それとも同じタイプ内で再起動のKBがあっても、マシンが勝手に再起動し同じタイプの残りを続けてインストールが開始するのでしょうか。
それぞれのパッチが再起動が必要かどうかはKBを一つ一つ見て調べているのでしょうか。


> あれ?、もしかして、リストの表示順 = HotFix のインストール順と勘違いしていませんか?

一応タイプ別の順番ということでおります


> アップデートリストファイル編集画面にあるソートをクリックし、上部にあるプルダウンをクリックしてみてください。各タイプ別のインストール順が確認できます。

このような便利な機能があったのですね。初めて知りました。有効活用します。
ただ、SHA-2とサービススタック上位がSVCPACK.INFなのに対して、下位サービススタックがHOTFIX2.CMDになっていますが、同じタイプでなくて
問題ないのでしょうか。

で、SEOのリストですが、これにもテレメトリ(consent.exe)があるようですが、もう避けようはないのでしょうか。
(ならば、SEOを使わずロールアップで諦める)

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)

書き込み権限がありません。書き込み権限については管理人までお問い合わせ下さい。

[スポンサーリンク]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- WebForum -