A.K Office サポート掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
[スポンサーリンク]


タイトル Re^4: Windows 7 アップデートリスト11月分
投稿日 : 2019/11/24(Sun) 22:32:16
投稿者 KILI
参照先
こんにちは。

> > つまり、KB4523206 のインストール前提条件は、KB4490628 / KB4474419 になります。
>
> これがよく分からないのですが、KB4523206の関連を読んでも前提(上位)がKB4490628であることを見つけられません。
> KB3177467を読んでも同じです。
> 私の調べ方が悪いのでしょうか。

前述もしましたが、月例ロールアップのインストール条件からそのように読み取れませんでしょうか?
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4525235
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4525233
前述した上記の今月のロールアップのページの [この更新プログラムをインストールする前に] の項目にある [必要条件] のところを読みましたでしょうか?

ロールアップをインストールする前に、以下の更新プログラムをインストールし、デバイスを再起動する必要があります。
これらの更新プログラム プロセスをインストールすると、更新プロセスの信頼性が向上し、
ロールアップのインストール中およびマイクロソフトのセキュリティ修正プログラムの適用中の潜在的な問題が軽減されます。
1. 2019 年 3 月 13 日のサービス スタック更新プログラム (SSU) (KB4490628)。
2. 2019 年 9 月 11 日にリリースされた最新の SHA-2 更新プログラム (KB4474419)
上記のアイテムをインストールした後は、最新の SSU (KB4523206) をインストールすることを強く推奨します。

とあり、私はこの内容から KB4523206 をインストールするには、KB4490628 / KB4474419 を事前にインストールしておく必要があると読み取れるのですが。。。


> 関連して、IE11_CSU_SQMはかなり古いものが現在リストにありますが、一時期KB4519974及びKB4524135がIEの最新の累積だったことがありました。
> そのインストール条件でインストール前とインストール後にSSUが必要と読める記事がありますが、
> 仮にIE11_CSU_SQMをKB4519974かKB4524135に置き換えた場合2つのSSUのリストの位置及びKB番号はこのままでいいのでしょうか。親子関係はどのようになるのでしょうか。

すみません、ここは何がしたいのでしょうか?
まず、セキュリティーマンスリー品質ロールアップ [SQM_RUP] には、IE の累積的なセキュリティ更新プログラムが含まれているので、
現在は KB4519974 及び KB4524135 は必要ありません。
それから、2016年9月の IE の累積的なセキュリティ更新プログラム KB3185319 は [SQM_RUP] をインストールすると必ず Windows Update で出現します。
最新の IE の累積的なセキュリティ更新プログラム KB4525106 をインストールしていても、[SQM_RUP] をインストールすると 2016年9月のものが出現します。
なので、差し替えても追加しても意味がないのですが。。。

> そのインストール条件でインストール前とインストール後にSSUが必要と読める記事がありますが、
インストール条件は月例のロールアップと同じ条件ですね。で、インストール前とインストール後ではなく、以下のように読み取れるのですが。。。
1. KB4490628 (SSU) をインストール
2. KB4474419 (SHA-2 の更新プログラム) をインストール
3. PC の再起動
4. 最新のサービス スタック更新プログラム (現在は KB4523206) をインストール (推奨)
5. IE の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB4519974 または KB4524135) をインストール

> 仮にIE11_CSU_SQMをKB4519974かKB4524135に置き換えた場合2つのSSUのリストの位置及びKB番号はこのままでいいのでしょうか。親子関係はどのようになるのでしょうか。
仮にということですね。上記に書かれているリストの位置が表示順ということであれば、別にいいと思います。
親子関係は、私の場合なら リスト上では [IE11] が親で子が [KB4519974 または KB4524135] にし、
[KB4490628 KB4474419 KB4523206] と [KB4519974 または KB4524135] はリスト上では親子関係を組まずに
コメント欄とインストール順 (上位である [KB4490628 KB4474419 KB4523206] を先にインストール) で対応します。

そもそも親子関係を厳密にリスト表示順で網羅するのはほぼ無理です。インストール順が正しければリスト上で親子関係を組まなくてもリストは作成できます。
リスト上で親子関係を組むか組まないかはリスト作成者の判断によるものでいいと思います。


> > この場合、[UPD_RUP] と [WUA] の両方を選択しても、[WUA] の HotFix はダウンロードもインストールも行われません。
>
> ということは、排他として書かれているキー(この場合[UPD_RUP]) はインストールされるという事でしょうか。
両方を選択しているので、[UPD_RUP] はインストールされ、[WUA] はインストールされないになります。

> とすると、リストの順番は排他のキー[UPD_RUP] よりも、[WUA]が上になくてはならないと思いますが、
> これが逆の場合([UPD_RUP] が先に書かれていた場合)、どのような結果になるのでしょうか。
あれ?、もしかして、リストの表示順 = HotFix のインストール順と勘違いしていませんか?
リストの表示順はリストを編集する時の順序で、高度な設定をクリックしたときに表示される順序です。
SP+メーカーを使って HotFix をインストールするときは、タイプ別に実行順を別途指定しています。
アップデートリストファイル編集画面にあるソートをクリックし、上部にあるプルダウンをクリックしてみてください。各タイプ別のインストール順が確認できます。

で、[WUA] ですが、リストの表示順はどこでもかまいません。極端ですが、[WUA] の表示順はリストの一番下でも OK です。
つまり、リストの表示順は排他のキー[UPD_RUP] よりも、[WUA] が上になくても OK で、HotFix のインストールは別途インストール順に行うので結果は同じです。

> 関連して、IE11_CSU_SQMの排他キーとしてIE11_CSUが書かれていますが、上記の原則に照らすと
> (排他キーはインストールされるが元キーはインストールされない)、IE11_CSU_SQMはインストールされずに、
> IE11_CSUがインストールされる(このキーはSEOにしか存在しない)ことになりますが、
> 結果はどのようになるのでしょうか。

Windows7_x32_KILI.lst / Windows7_x64_KILI.lst のみを使用した場合
 リストに 登録キー [IE11_CSU] が存在しないので、排他キーの [IE11_CSU] は無視され、[IE11_CSU_SQM] を選択していれば [IE11_CSU_SQM] がインストールされる。([IE11_CSU_SQM] のみが選択された状態になる)

Windows7_x32_KILI.lst / Windows7_x64_KILI.lst に Windows7_x32_SEO _KILI.lst / Windows7_x64_SEO_KILI.lst を追加した場合
 リストに 登録キー [IE11_CSU] が存在するので、
 両方を選択した場合、[IE11_CSU] がインストールされて [IE11_CSU_SQM] はインストールされない。
 片方しか選択しなかった場合は、選択したものがインストールされ、選択しなかった方はインストールされない。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)

書き込み権限がありません。書き込み権限については管理人までお問い合わせ下さい。

[スポンサーリンク]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- WebForum -