A.K Office サポート掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
[スポンサーリンク]


タイトル Re^2: [Win2012R2]ver0.102では、OS判定ができません。
投稿日 : 2016/02/11(Thu) 23:56:16
投稿者 Rufus
参照先
BS2 様、MYU 様

お返事が遅れましてすみません。

> 0.102にアップデートしたところ、作成されたHOTFIX イメージ
> では、
> セットアップされているOSを特定出来ませんでした。
> と表示されます。
> 窓の杜からダウンロードした同バージョンでも同じでした。
>
> SETUP.CMD
> を見たところ、Windows7 x64 の判定らしき部分が見当たりません。

> 作成されたHotFixイメージの
> \I386
> の中に、
> GETOSNG.VBS
> はありますが、
> GETOS.VBS
> がありません。

> 0102で作成したHOTFIXイメージから、
> \I386を見ますと、
> GETOSNG.VBSがありますが、GETOS.VBSはありません。
> SETUP.CMDの124行目は、
> FOR /F "USEBACKQ TOKENS=3* DELIMS= " %%A IN (`cscript.exe //NOLOGO ..\GETOS.VBS`) DO (
> となっています。

おかしいですね。
GETOS.VBS は「Windows Vista HotFix 専用インストール CD-ROM 作成プログラム」(VST_INST)v6.0.x 以前(=「SP+メーカー」v0.101.x 以前に同梱)の OS 判定に使っていたスクリプトで、現在の VST_INST v6.1 β2(=「SP+メーカー」v0.102.0 に同梱)では使っていません。
GETOS.VBS は OS 情報のキャプション(エディション名も含めた製品名の長い文字列)を取得する“だけ”のスクリプトで、判定の際には SETUP.CMD 上で取得した文字列を解析して判定していたのですが、Windows NT 系のコマンドスクリプトではこのあたりの機能が貧弱且つ癖が強い為にバグの温床となっていました。

VST_INST v6.1 では判定に必要な情報を getOSng.vbs で 4 つの数値として取得し、得られた数値に基づき判定を行う形に変更しており、両者には互換性が有りません。
これによって生成される SETUP.CMD であれば、128 行目が

FOR /F "USEBACKQ TOKENS=1-4 DELIMS=," %%A IN (`cscript.exe //NOLOGO ..\getOSng.vbs`) DO (

になっている筈なのですが・・・

もしかして、拙作「SP+メーカー用 HotFix 専用インストール CD-ROM 作成プログラムパワーアップキット(非公式版)」に同梱の VST_INST 用拡張パッチをお使いになっていた、という事は有りませんか?
そうであれば、「SP+メーカー」のインストール先フォルダ配下に、拡張パッチの一部であるオプション CAB ファイル(VST_INST_OPT.CAB)が残っているかもしれません。
もし存在しているのであれば削除して、もう一度作成してみて下さい。(現在、拡張パッチで実現していた機能は本体同梱の VST_INST に取り込まれております)

もし、そうでないのであれば、以下のアーカイブに入っている VST_INST v6.1 β4 に差し替えて正しく処理されるかどうか、確認して見て下さい。
VST_INST.CMD・VST_INST.CAB・SPPMINIIO.CMD の 3 つをインストール先フォルダ配下に上書きコピーしてお使い下さい。

http://www.ak-office.jp/php/uploader/up_file/987.7z

ただし、現時点では正式リリース前のバージョンとなる為、ご利用にあたっては自己責任でお願い致します。

> 私もこの現象に苦しんでいます。
> ver0.102は駄目で、ver0.101では問題ないので
> 古いバージョンでやっていますが・・・

MYU 様の事例は、どちらかと云うと先日 makii tsuyoshi 様から報告が有った事例と似ているかも知れません。
MYU 様の環境は Windows Server 2012 R2 のどのエディションでしょうか?

http://www.ak-office.jp/php/wforum/wforum.cgi?mode=read&no=8864&reno=no&oya=8864&page=0#8864

VST_INST v6.1 β2 には Windows Server のエディション判定に於いて、Standard エディションを正しく判定出来ないバグが有りました。
上記の v6.1 β4 はその修正版です。こちらに差し替えて、確認して見て下さい。

この度は、ご返事が大変遅くなりまして、申し訳御座いませんでした。

以上、宜しくお願い致します。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)

書き込み権限がありません。書き込み権限については管理人までお問い合わせ下さい。

[スポンサーリンク]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- WebForum -